HHKB/8190円の敗北

公言どおりキーボードのレビューを書きます。

うーーーむむむ、なんて事でしょうか!
私の指に心地よいのは今回980円で買ったKB-3920のほうでした。
はい、8190円が負けたのです、私的にという事ではありますが。

ハッピーハッキングのほうも素敵な打鍵感なのですが、
わずかながらメンブレンにありがちな反発のゴム感はいなめません。
ハッピーハッキングが悪いわけではありません。
これだって素晴らしいキーボードではあるには違いない。

ところがこのKB-3920は「カシャン」という擬音ででも表現したいような
軽い打ち心地なのです。
これはあのIBMのメカニカルをほうふつとさせる、かなり指に優しい感触です。

悔しいので箱に残ってたレシートをアップしてみます(イミフ)
なんとなんと、2002年のレシートでした。





キーボード旅立つ

いや、キーボード発送したとかじゃないです。

かれこれ10年近く使ったキーボードがとうとう無反応に・・・。

メンブレンにしては浅いキータッチはそれほど好みではなかったんだけど
無線の気楽さで永らく愛用してました。
エンターキー等のテカリが使用歴を物語っていますね。



さて3連休中だし、アマゾンもあてにならんぞと、
押入れをひっかきまわしてたら、なんと!!!
昔買ってほとんど使ってないHappyHackingのキーボードが出てきました!



さっそく引っ張り出してPS2ポートに繋ぐ。(懐かし)
Asusのマザーボードがこのコネクタを残してくれていた事に感謝。

ああ、なんて素敵なキータッチでしょうか。
メンブレンとは言え、久々の深めのストロークにうっとりです。

しっかしー、良い事ばかりではありません。
このキーボード、キー配列がかなり特殊なのです、ミスタイプ続出。

うっかりミスならぬうっとりミスですね。
ほとんど使わなかった理由はそこだったのです。

もしこの誤タイプに耐えられない時の為に
往年の名器と呼ばれるKB-3920を買いました。



かなり安く出ていますが、
このキーボード、ローマ字日本語入力においては世界最速記録らしいです。
1980年代から今に至るまで破られていない記録なのだとか。
まあ入力する人間はタイプ遅いんですけどね。

届いたらレビューします、え?ここ人形ブログじゃなかったっけ?



あけましておめでとうございます



昨年中はお世話になりました。

今年はエネルギシュに製作したい、と思っております。

人形はもちろんですが、バーナーワークのほうも。

現在クラゲに挑戦中です。

前回先生に、割と簡単なクラゲとやらを習ったのですが
いや、簡単ではないっ!

苦戦中です。

いつかふわーーっと足をなびかせる素敵なクラゲを作りたいです。



| 1/116PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

facebook


Instaglam


profile



links

search this site.

others

mobile

qrcode

archives