ペーパーウェイトグラスアイその後

今大量のミニョネット製作中ではありますが、まだ絵付け中なので
ペーパーウェイトグラスアイもたまに試行錯誤してみたりします。

最近はずっと扱いやすいキナリガラスで制作していましたが
どのガラスにも限界があるのだとつくづく納得。

それでもなんとか瞳孔のはっきりした4mmのペーパーウェイトが出来ました。


斜めから。



真横から見ると出っ張りぐあいがそれぞれ良くわかります。


以下はさまざまなプランを試した結果です、
これくらいしか思いつきませんでした。

プランA
チャイナペイントで瞳孔を描いてみる。

高温で噴くので無理無理。

プランB
焼成用エナメルペイントで瞳孔を描いてみる。

これもやはり高温で噴くのでもっと無理無理。

プランC
瞳孔用の黒ガラスだけ膨張率の低いモレッティを使ってみる。

くっつかないのでやはり無理。

プランD
いっそ全部モレッティで作ってみる。

硬いので扱いにくいがやはりこれしかない、とりあえず成功。
しかし要訓練。

キナリガラスは扱いやすいとつくづく実感。
キナリさーん、もっと薄くならない黒ガラス作ってくださーい!

| 1/17PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories



profile


links

search this site.

others

mobile

qrcode

archives


ブログパーツ エステ